オーストラリアのくらし日記 
by pentruck
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ:仕事 ( 2 ) タグの人気記事
旅日記#9 食肉牧場での仕事-鶏
HOSTの夫婦は肉肉しいごつい人たちかと思ったら、だんなさんは牧師さんのような雰囲気が漂よう典型的ないい人。
とても真摯で動物たちへの配慮も勉強になりました。

初めての仕事は微妙に壊れた鳥小屋直し。
BEFORE
a0095759_15202647.jpg

AFTER
a0095759_1531770.jpg


これは年老いてもう卵を産まなくなった鶏たちの家になるらしい。
ちなみに8~10年くらい生きるうち卵を産むのは2~3歳までで肉がおいしいのは1歳前後くらいまでらしいけど、ここでの鶏は家族でたべる卵をとるために育ててるだけだから3~4年くらいたってから安らかな方法で肉になるんだって。

生きる・食べるってこういうこと。だのね

これは生後2週間の雛雄鶏たちのための小屋直し。
BEFORE
a0095759_15324516.jpg

AFTER
a0095759_15331273.jpg


やっぱり子供ってなんでもかわいい。
a0095759_15393091.jpg

[PR]
by pentruck | 2009-04-28 16:21 | 研究+知識+雑学
マジコール
今日はまたまたvueに行ってきました。

食べにじゃなくて、修理(?)しに。

もう、ここ一年以上もかけてやっとこ輸入したマジコール
この、マジコールという製品はもともと医療用に開発されたものらしいのですが、
商業用に独自の技術をさらに駆使することで安定した過冷却状態をつくり出すことに成功した世界で初めての装置。

a0095759_1652768.jpg

これを押すと映像が見れます。

シャーノン(vueのオーナー)がNYのFOODイベントで見つけてきた代物で
日本人のシェフがそこで使っていた冷凍庫がほしい!ってことで、
働いてるときからちょーー忙しい仕事の合間を縫って
そこのレストランに電話して商品名を聞きだすところから始まり、
値段が張るものだから、、というのに値切れ!というわがままに翻弄されつつ
そのせいで中間会社から手をひかれたりもしたりいろいろトラブル続きだったけど
やっとこ輸入できた!
って矢先にまたのお呼び出し。
今度はうまく作動しないらしい。
もーー日本人のシェフ雇えばいいのに!!
と思いつつも久しぶりにみんなに会えるのもいいかと思い直し
休みなのに行ってまいりました。

久しぶりにみんなに会うと昔あったイライラも全部忘れて
きゃーひさしぶり~
ってなって、やっぱり人はみんなよかったなー(約1名除いて)と思いました。
a0095759_16532870.jpg

で、肝心のマジコールはというと、、
日本語版の説明書読んでわかった注意点は、
容器の種類、温度と液体の温度、それに蓋の閉まり具合、といったところ。
とりあえず、これで試してみて。って感じで終わりました。
担当の方に連絡は取るつもりだけど、どうか、本体の故障じゃありませんように。

そうなったらもう、お手上げ。

(注)写真はマジコール会社の作例です。
[PR]
by pentruck | 2008-05-28 16:55 | 研究+知識+雑学


気まぐれオーストラリア生活

ただいま、バイロンエリアにて子育て奮闘中。
カフェ Oska というカフェも同時にお手伝い。
合間をみて maizuru という日本の美しいものや日本人アーティストのものを扱うお店もマーケットで出してます。
あぁ、willy-nilly 笑

リンクフリーです。

お気に召しましたら
ポチッとよろしくどうぞ★
    ↓
ブログランキング






検索
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧