オーストラリアのくらし日記 
by pentruck
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
和製靴下屋『TABIYA』OPEN★
かなり遅い告知になりましたが、
今日(5月30日)、
お友達のYU〇AちゃんがNorthcoteのメインロードに
靴下屋『TABIYA』をオープンしました★
a0095759_2211720.jpg

こんな感じのお店です↓
a0095759_2212571.jpg

彼女は靴下が大好き!というだけあって
日本でも入手困難なかわいい靴下がたくさん!

靴下、、とういよりも足元のおしゃれ道具といったものを
たくさん仕入れていました。
おしゃれは足元から
とよく言うけれど、
まさにそんな感じのお店です。

中でもお勧め(個人の趣味で。。)なのがこちら↓
a0095759_2265085.jpg

大阪出身の彼女はお友達の作った靴下をたくさん仕入れています。
a0095759_2272762.jpg

どれもかわいくて、しかも、日本でも入手困難なものばかり。
a0095759_22353091.jpg

迷いに迷った挙句、
わたしはこの真ん中の白地にグレーとカーキのものをいただきました。
かわいいレッグウォーマーがなかなかなかったのでとてもうれしいです★
白いスニーカーとあわせてまるでブーツのよう。
とてもあったかいです。
a0095759_2284869.jpg

ほかにもこんなかわいいレッグウォーマーが、、あったのですね。
a0095759_2291896.jpg

この染めのレースの靴下もかわいくて
見てるだけでウキウキします。
a0095759_2294861.jpg

そしてびっくりなのがこれ!
ヴィヴィアンはロンドンのブランドですが、
靴下の生産・販売は日本のみ。
本家のロンドンでも扱っていないそうです。
それを仕入れてくる辺りがさすが靴下を愛でているだけのことはあります。
a0095759_2210315.jpg

ヴィヴィアンのレンギスなんてあったのです。
知らないことだらけです。
a0095759_22125883.jpg

で、目玉商品がこちら。
かの有名な水木しげる氏がYU〇Aちゃんのお友達とコラボして作ったTシャツ。

他にも肌が絶対透けない120デニールのタイツ(オーストラリアではないもの)や
ニーハイソックス、レンギス、足袋型やオーガニック製のソックスや
かわいいベイビー&子供用の靴下や男性用の靴下、
会社勤めの方にうれしい日本製のストッキングや
おもしろステッカーなどなど

自分用はもちろんプレゼントなんかにも喜ばれそうな感じです。


一般向けのものからマニアックなものまで幅広く取り揃えているので
Northcoteに遊びに行きがてら寄ってみてはいかがでしょうか?

ではでは

*********************************************************
『TABIYA』
Address
238 Hight street
行きかた
86番トラム→No.31 or 32ストップ下車
(お店はトラムストップNo.31と32のほぼ中間にあります。)

OPEN
火曜日~日曜日
10:00am~19:00pm

CLOSE
月曜日

6月20日ごろに2階をアートギャラリーバーとしても
オープンする予定だそうです。

[PR]
by pentruck | 2008-05-30 22:46 | 買いもの
マジコール
今日はまたまたvueに行ってきました。

食べにじゃなくて、修理(?)しに。

もう、ここ一年以上もかけてやっとこ輸入したマジコール
この、マジコールという製品はもともと医療用に開発されたものらしいのですが、
商業用に独自の技術をさらに駆使することで安定した過冷却状態をつくり出すことに成功した世界で初めての装置。

a0095759_1652768.jpg

これを押すと映像が見れます。

シャーノン(vueのオーナー)がNYのFOODイベントで見つけてきた代物で
日本人のシェフがそこで使っていた冷凍庫がほしい!ってことで、
働いてるときからちょーー忙しい仕事の合間を縫って
そこのレストランに電話して商品名を聞きだすところから始まり、
値段が張るものだから、、というのに値切れ!というわがままに翻弄されつつ
そのせいで中間会社から手をひかれたりもしたりいろいろトラブル続きだったけど
やっとこ輸入できた!
って矢先にまたのお呼び出し。
今度はうまく作動しないらしい。
もーー日本人のシェフ雇えばいいのに!!
と思いつつも久しぶりにみんなに会えるのもいいかと思い直し
休みなのに行ってまいりました。

久しぶりにみんなに会うと昔あったイライラも全部忘れて
きゃーひさしぶり~
ってなって、やっぱり人はみんなよかったなー(約1名除いて)と思いました。
a0095759_16532870.jpg

で、肝心のマジコールはというと、、
日本語版の説明書読んでわかった注意点は、
容器の種類、温度と液体の温度、それに蓋の閉まり具合、といったところ。
とりあえず、これで試してみて。って感じで終わりました。
担当の方に連絡は取るつもりだけど、どうか、本体の故障じゃありませんように。

そうなったらもう、お手上げ。

(注)写真はマジコール会社の作例です。
[PR]
by pentruck | 2008-05-28 16:55 | 研究+知識+雑学
BISTRO VUE
昨日、相方から永住権取れたよってこととついでに
Bistro vueのディナー予約もとっておいたよっということで行ってきました。
ひさーしぶりに、vue(前の職場)へ。

実はこのBistro vueのディナーはある特別な冷凍庫を
日本から輸入するのを手伝った代わりの報酬で
ディナー2名さまご招待!だったのですが、
輸入だけで辞めてからつい最近まで半年以上もかかって
あんだけ苦労したのにBistroっていうのはどういうこと!?
と腑に落ちず放置していたものを
相方が勝手にオーガナイズしてくれたのでした。
(Bistroはvue de mondeより格下のレストランなのです。)
危うくご馳走を頂き損ねるとこでした。
はーあぶない。


永住権が取れて、まさにどんぴしゃのタイミングで、この予約。。
ただ飯だしいーか、、
と準備して出掛けるときにうちのアパートの入り口で
20本入りの封を切ってないマルボロライトを拾って
わーーい★びっくりするくらいついてるワー、今日。
と話しながらBistro vueへ。
あんまり期待していなかった(失礼ですが、、)Bistro vueのディナーも
シェフが変わったからか(シェフは誰一人として知っている人はいなかった)
味が前よりもよくなっていて、
フロアマネージャーがあたしがまだ働いてるときからいた人だったので
サービスも大変よくしていただき、
最高のお祝いディナーになりました。

まずはタスマニア産のスペシャルオイスターから始まって
(これはいまいち、、TAXIのオイスターのほうが癖がなくておいしかった)、
次に相方はTureen(テリーヌ)、あたしはソフトシェルクラブ揚げのコリアンダーソース添え。
両方とも前にvue de mondeで出していたメニューなんだけど、
相変わらずおいしかったです。
特にソフトシェルクラブの香ばしさとコリアンダーのソースの程よいさっぱり感がうまく調和して、
揚げているのに脂っこさはまったく気にならず、うまみに近い甘みもあって◎。
次にメインは相方がサーモンであたしがスナッパーを頼んだんだけど、
このあたしの頼んだスナッパー、
ホワイトフィッシュなのに甘めのレッドワインソースっていうのも珍しい上に
以前食べたものより数倍おいしくて(あの時は魚が焼きすぎでドライだった)、
相方は余ったソースを全部パンにつけて平らげてしまうほど。
もし、行く機会があれば、スナッパーを強くお勧めします。
付け合せにフライドポテトとサラダも頼んで、
最後のデザートは相方がクリームブリュレ、
あたしがポーチド・ペアのホワイトチョコレートムース添えを頼んだんだけれども、
ブリュレの方が断然おいしかったです。
食後のコーヒーにお勧めのワインを一緒にゆっくりと味わって
帰りがけにお土産のチョコレートまで頂いて帰りました。
途中、シェフの怒鳴り声が聞こえたりしてvue名物もいまだ健在でした。
a0095759_8221260.jpg

やっぱり食べにくるにはいいなぁ、ここ。と思いました。
(散々失礼なこと思ってたけど、、)



ここまで来るまでに(永住権とるまで)いままでいろいろあったけど、
昨日はすべて報われた感じがしちゃってやけに感傷的になって
すべての人に感謝してました。

みなさん、どうもありがとう。

これからもよろしくおねがいします。

*********************************************************
『VUE DE MONDE』
OPEN:火~金(ランチ&ディナー)、土(ディナーのみ)
Tel:+61 3 9691 3888
『BISTRO VUE』
OPEN:月~土(ランチ&ディナー)
Tel:+61 3 9691 3838
『CAFE VUE』
OPEN:月~金(7am~4pm)

430 Little Collins Street
Melbourne VIC 3000
Website:CLICK!
[PR]
by pentruck | 2008-05-27 08:35 | グルメぐり
やった~~~★
苦節3年半!(実質2年)

ようやく念願だったオーストラリアのPR(永住権)がとれました★

ひゃーうれしい★

今夜はお祝いだ~ワ!
[PR]
by pentruck | 2008-05-26 16:44 | ご報告+自己紹介+ひとりごと
フリーガン
South Melbourneにある
オーガニックのお店PASSION FOODSで働いてる京ちゃんが
仕事帰りに一緒にお茶したときに
お店で作ったパンプキンディップと
お店で売っているマッシュルームのパテをくれた。

家に帰って相方に
今日 京ちゃんがこれくれた!
と見せると、
フリーガンだね。
と一言。
は?フーリガン??
と聞きなおすと、


a0095759_2043344.gif



フリーガンとは主に
ゴミ箱をあさってまだ食べれそうなもの・使えそうなものを回収したり
お店が閉まりそうな時間に行って捨てるものをもらったり 
いわゆるタダでものをもらって生活に取り入れる人たちのことらしいです。
↓もっと詳しく
語源は「free」と完全菜食者をあらわす「vegan」である。
1960年代のヒッピー文化が源流とされる。
大量生産・大量消費・大量廃棄型の社会を批判する立場から、
廃棄物の回収・再利用を生活の一部に取り入れるのがフリーガンである。
回収するものは食品に限らない。
基本的には自宅も職業も持つ人々であり、
廃棄物回収は生業あるいは唯一の生活手段ではない。

From Wikipedia
a0095759_20374738.jpg

NYあたりでは
Freeganたちはけっこう大々的に活動しているみたい。
a0095759_2040115.jpg

フリーガンやらロハスやら
いろいろなサブカルチャーがあるものです。
にしても、ゴミ漁りって聞こえ悪いな、、と思いつつ
リサイクルもフリーガン思想にはいるよな、、とか
仕事先からよくサービスに向かないシーフードやらなんやら
頂いてくるわと思ったら
あら、ま ほんと
なんて目から鱗だったりして。
やっぱり、もの・食べ物を無駄にしてはいけません。
なんて、、
日本ではかなりファーストフード、使い捨ての生活だったのに
土地も変われば人も変わるもんです。


フリーガンでもビーガンでもなんでもいいけど
自分とまわりにいい生活を心がけたいものです。


今日はこのマッシュルームのパテでパスタでした。
ありがとう★京ちゃん
今度なにか作るね♪


注)↑の写真たちは引っ張ってきたものです。
[PR]
by pentruck | 2008-05-16 20:49 | 研究+知識+雑学
花のある生活
これって生けたの相方の誕生日のときなので
かれこれ2ヶ月も前の話ですけど、、

今日は久しぶりにうららかな陽気で
花でも生けたい気分でしたが
仕事があったので断念。

思い出に浸ることにしました。


花が立たなかったので容器にミニトマトを詰め込み
無理矢理立たせた赤い花

a0095759_18554644.jpg

花は好きだけど
花の名前なんてぜんぜん知らないし
生け花の形もぜんぜん知らない。
けど 生け花ってものづくりと一緒で
あーだこーだ考えながら試行錯誤して
納得のいく形になったときの満足感は
これまたいいものです。


紫の花たちとカスミソウ
a0095759_18563318.jpg

ブティック的な花屋で花を買うと高いけど
マーケットで買うと見た目は
んーー
だけど、種類豊富な大きい花束が$10~買えたりします。
このときは南半球最大のマーケットといわれる
クイーンビクトリアマーケットにある花屋で
8種類以上の花入りで$15だったような。。


バラのつぼみとなんかの葉っぱ
剣山がないのでトマトの輪切りでがんばっています。

a0095759_18573089.jpg

花のある生活を続けるのはたいへんだけど
たまには花でも生けて
生活と部屋を潤わしたいものです。
[PR]
by pentruck | 2008-05-15 19:13 | くらし
芸術?食欲の秋
ここメルボルンは
冬だか秋だかよくわからない気候ですが、
昨日に引き続き今日も
相方がやる気満々です。
創作意欲炸裂です。
一応 まだ秋だからでしょうか。
a0095759_2147236.jpg

いいことです。
この上なく。

ネットでなにやら調べながら、ピタを作り、トマトライス円盤を揚げ、、
どうやら本人曰くファラフェルイメージのライスボールを作って
でも、豆は入っていません。。
ピタで巻こうという作戦らしいです。
ラップ、、といったところでしょうか。
↓ライス円盤(トマト、ニンジン、かぼちゃ、マッシュルーム等込み)
a0095759_21475716.jpg

横で
これ どこの料理?レバノンあたり??
と聞くと
これはオリジナル
と返されました。
はい、すみません、シェフ。

〇がいっぱい
a0095759_21493778.jpg


わたしはというと、、
この上なく手抜きで焼きおにぎりを作りました。
ひとつ言い訳があるとすれば
ご友人YUKAちゃんからお土産で頂いたこの七味!!
七味のGOLD!!『京七味』
これを使いたかったの、、
a0095759_21565310.jpg

七味なのにお茶のような馨りがするんです。
さすがはGOLD
YUKAちゃん ありがとう★ごちそうさまです



そしてそして相方のオリジナルラップの完成。
おいしいんです、これが。
a0095759_2285260.jpg

シェフになれば?と誘ったところ
あっさり断られました。
もったいない。

どうか、この創作意欲がいつまでも続きますように。。
[PR]
by pentruck | 2008-05-13 22:14 | COOKING
男の料理
男の人が作る料理って
おいしいですよね。

(人にもよりますが、、)

働く場所柄もあって
家で作るものももっぱら洋食なわたしです。
手抜きな時は、パスタ、リゾット、、
てな具合にめったに和食は作りません。
和菓子作りは好きなんですけどね。

たまーに和食が食べたくなるときは
ついつい面倒がって
相方にオーダーしてしまう。

だって、この人、オージーなのに
超おいしいから揚げ作るんですもの。

相方のから揚げと石焼風チャーハンは私の大好物。

どうやったらこうもイケてるから揚げを作るのか、、
やってることはシンプルなんですけどね。
センスってやつなんでしょうね。
これからもどんどん和食を覚えていってほしいものです。

a0095759_2301029.jpg

今夜は鳥唐揚げ、ほうれん草のおひたし、かぼちゃのマヨネーズ和え、
ポクチョイのガーリック炒めと和風サラダを作ってくれました。

やっぱり人の作ったご飯をご馳走になるのはうれしいもので
おいしさも倍増。

モリモリと食べ続けていたら
から揚げあと4つ残り、、というところで取り上げられました。

おいしいものに対しては
胃袋の限度も忘れてしまうので
いい頃合を見計らってのことでしたが
おいしいものを取り上げられることほど
腹立たしいことはない。
と実感したDINNERでした。
[PR]
by pentruck | 2008-05-12 19:45 | くらし
ひとつの転機
上半期も間近ながら、振り返ってみると
今年は将来に向けての準備・動きの年なような気がします。
乗るべき流れの年、とでもいいましょうか。
a0095759_21534746.jpg

今年の始まりはゴールドコースト付近に住む相方のママのところに
メルボルンから片道数日かけての車で行った旅でした。
その旅の始め 年越しの際に泊まったB&Bのオーナーに
WWOOFやパーマカルチャーのことを聞いたり、
資料を見せてもらったりして、
自然と共に生活する という 
もともとあった興味がさらに明確になり、
その旅でいろいろな美しい場所や景色を見て、
さらにさらにその気持ちは大きくなっていったような気がします。


ここメルボルンに住み始めて3年半。
いろいろあったし、いろいろやりました。
時期的にもそろそろ永住権が下りる頃で
メルボルンでやりたいことはけっこうやりつくしてしまった感があったのと、
相方と一緒に描く夢が実現できそうな場所は
今は メルボルンじゃないような気がする、、
という漠然とした思いもあって
ある日、相方と共にCllingwoodのファーマーズマーケットに行ったとき、
こんな感じでのんびり暮らしたいわー
あったかいとこに
といった一言が決め手となり、決めました。

9月の一時帰国を境にByron bay辺りに引っ越します。
予定は未定なのでいろいろとこの先まだまだありそうですが
とにかくこれに向けて走ろうかと。
a0095759_21551395.jpg


ちいさな夢のひとつでもある
あったかいきれいな海のそばでの暮らしが実現するかも!?

夢は膨らむばかりです。

こうやって、膨らみ続ける夢も
ちいさな夢をすこしずつ消化していって
どんどん現実が夢に追いついていったらいいな。

夢を夢で終わらせないように
できるだけいろいろなことをできるだけたくさん吸収して
すこしずつ前進していけますように。
精進、精進。

a0095759_21554218.jpg

と、いうことで引越しに向けて残りあと4ヶ月間、
お気に入りのスパニッシュレストランMOVIDAに場所を移して
料理の腕をさらに磨きたいと思いまする。


お近くにお住みの方はぜひお越しくださいませ♪
[PR]
by pentruck | 2008-05-08 21:55 | ご報告+自己紹介+ひとりごと
お抹茶しるこ
寒い寒い日々に耐えられず、
凍えた体を温めるために
お抹茶しるこ を作りました。

以前作り置きしていた緑豆の漉し餡と
家にあった白玉粉と抹茶の粉で。

まずは白玉粉に水を加え耳たぶくらいの硬さでまとめたら、
小分けしてスチーマーで10~15分くらい蒸して、
片栗粉をふっておいた台の上でささっとだいたいにまとめてから
型でくりぬいておきます。
a0095759_20391444.jpg

ひとつずつ小さく丸めてから蒸してもかわいい。
あったかしるこに白玉団子を使うときは蒸したほうが
食感が均一に保ててお勧めです。
冷やしの場合はゆでたほうがつるっとした食感が楽しめていいかも。
そこら辺はお好みで。


a0095759_2044989.jpg

それから湯に抹茶を溶かし込んでから緑豆の漉し餡を入れて
味を見つつお砂糖で調節します。
しるこがあったまったら、白玉もちを入れてできあがり★

a0095759_20445587.jpg


簡単です。
冷やしでもおいしいです。

(注)あんこはできたてだと生の砂糖の甘さを強く感じますが
一日寝かすと味がなじみます。
しるこも似た部類ですのでご注意を。



参考までに↓
材料(5-6人分)
(緑豆の漉し餡)
緑豆: 500g
砂糖: 500g  (使用した砂糖はRAW SUGARです)

抹茶パウダー: 適量
湯: 適量(漉し餡が軽くつかるくらい)
砂糖: 適量

(白玉もち)
白玉粉: 200g
水: 約180ml



最後にポチッとよろしくどうぞ↓


[PR]
by pentruck | 2008-05-03 21:00 | SWEETS


気まぐれオーストラリア生活

ただいま、バイロンエリアにて子育て奮闘中。
カフェ Oska というカフェも同時にお手伝い。
合間をみて maizuru という日本の美しいものや日本人アーティストのものを扱うお店もマーケットで出してます。
あぁ、willy-nilly 笑

リンクフリーです。

お気に召しましたら
ポチッとよろしくどうぞ★
    ↓
ブログランキング






検索
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧