オーストラリアのくらし日記 
by pentruck
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
へな へな
今日は雨のメルボルン
急に冬並みの気温です。
ちょーーさぶい、、

昨日は暑くなく寒くなくのちょうどいい天気だったのに。。

家にこもってやることがあるとすれば、、
ConFestでもらったヘナをやろう!ということに。

ヘナはインドや中近東では、医療用化粧用のハーブとして使用され、モロッコでは伝統的に髪のトリートメント、髪染め、手や足に模様を書くための染料として女性に愛用されている代物。

今回はわたしは背中と腕に模様を入れることにして、相方は背中と腕と肩に。

やり始めてからやる日を間違えたってことに気づいたけど
時 すでに 遅し、、

スタジオタイプの我が家にあまり効き目のないヒーターがほのかに応援する中、
凍えながら 勢いのまま進めること4時間!
相方と交互でやったのもあって下絵とかの下準備入れると7時間もかかりました。

これが入れた絵のひとつ↓
a0095759_16261492.jpg


蝶々
「女性的美」のシンボルとして19世紀に日本でデザインされたものらしいです。

これ入れて少しは女らしく、、なるかしら。。?
[PR]
by pentruck | 2008-03-29 17:52 | 旅+遊び+観光
ConFest★
Easter Holiday中にConFest(Hippy Festival)に行ってきました★


金曜の夜まで仕事があったわたしを置いて、相方は友人と共に先に現地入り。
土曜日に友達に会う約束もあったし、そのときConFestの知識がまったくなかったあたしはRainbow serpentのようなものかと思って
なら一泊でいいかー、、
と日曜の朝、ひとり汽車にゆられて近くのSwan Hillまで行くことに。
a0095759_19422558.jpg

ここに3年も住んでいながら初めての汽車(長距離電車?)に興奮しつつルンルンで乗り込むとなにやらキッチンのかほりが、、(率直に言うと生〇ミ?)
少し残念な気持ちになりながらも、せっかくなので楽しもう、、と思っていた矢先、ひとりのおばちゃんがなにやらわめいていました。
どうした、どうした??と野次馬根性まるだしで聞き耳立てると、事情はよくわからないけど、
Cityに車を止めてあるから電車を降りたいのよ!
って大騒ぎ。
駅員さんが
じゃぁ、次の駅で降りて City行きのに乗り換えてください。(←ふつうの対応)
っていうと、さらに大声で
Damn!!!
を連発しながらごねまくりっ。すると、なんと、止まる予定のないNorth Melbourneで電車が止まり、おばちゃんは駅員さんにお礼も言わずぶつくさいいながら降りていきました。
なんて、柔軟性!
ごねてみるもんですね。オージーのオバタリアンは格が違います。
今でも不思議なのが、あのおばちゃん なんで車できてるのにあの電車に乗っちゃったんでしょう?

あんぐりしつつもSwan Hillに着いて、相方の車に乗り込みいそいそとConFestへ。
a0095759_21493781.jpg

実際着いて、歩き回ってみると予想していたFesとはまったく違う嗜好でした。
このFes、Clay BathやらSteem tentやら露天風呂(?)やらマッサージやらボディーペインティングやら、、あたしのツボをビシバシ刺激するリラクゼーションエリアがたくさん★
祭!というより、自然の中での体験生活的なFesでした。
それもそのはず、このConFestはalternative bush campout festiva(オルタナティブ◆1960年代のカウンターカルチャーを指す言葉でこの場合はヒッピーのこと)で1976年にキャンベラの近くにあるAustralian Capital Territoryで始まって以来ずっと続いている異生活を提供するお祭りなのです。
いろんなWork shopも充実していて、気ままに楽しめる感じでまさに極楽★
基本、水場エリアはすっぽんぽんの人だらけ。
ええ、もちろん あたしもすっぽんぽん。
知らない人と裸の付き合い。男も女も老いも若きも関係なし。
なんとも自由気ままな空間です。

チョコレートの中を泳いでるみたいだった!っていう言葉に騙されて入ったClay Bathは混ざりきれてないランピーな小麦粉Batterみたいでひーひー言いましたが、スチームテントは天国でそのあとにぎゃーぎゃーいいながら冷たい川でひと泳ぎ、ボディーペイントで落書きを楽しみ、プロのマッサージ師に格別なマッサージを施してもらい夢心地。
夜はドラムに合わせて炎囲んで踊ったり、大好きなFire performance見たり、星空見たり
極楽ってきっとこういう感じなのね。
とさえ思いました。
a0095759_2156098.jpg


途中、ボディーペインティング中に外したネックレス(父のリング)をどこかに落としてなくしてしまうという真っ青事件(←ただの不注意から、、バカ!)が起こりボディーペインティングのスタッフの人たちも総出で必死に探してくれたけど、その場で見つからず とりあえずお礼を言って、半泣きのまま大反省しつつテントに戻ることに。
相方にもかなり心配かけたけど、翌日INFOに寄ってみると
RINGみつかったよ!
ってスタッフの方たちからのメッセージを相方が見つけてくれて飛んでボディーペインティングのエリアに行ってみると昨日ペイントしてくれたCraigがあのあとさらにしらみつぶしに探してくれて見つけてくれたとか。
もー、感激で涙が出ました。
あーもーーここの人たちときたら!惚
やっぱり極楽に住む人たちは心がとてもきれいでした。

次のConFestが楽しみでしかたないです。
[PR]
by pentruck | 2008-03-25 21:57 | 旅+遊び+観光
10 Degustation
Restaurant PENTRUCKへようこそ!
なーんて、、

a0095759_23144100.jpg



相方の33回目の誕生日にプレゼントで10品のコースをつくりました。
こっちでは10 Degustationていって、レストランによってAmuse(お通し)やCleanser(口直し)をカウントするとことしないとこがあるんだけど、今回は手作りのみカウントすることに。
自分で言うのもなんだけど、レシピ作成から仕込みに一週間かかって、さらにウェイター、シェフ兼ハニー役を務めた超大作です。


1:Amuse
いわゆる日本で言うお通しです。
牡蠣のにおいが少し不安だったのであっためた酢とみりんで軽くしゃぶしゃぶと洗って、トマト、きゅうりと刻んだコリアンダーを甘辛ソース(チリソース+みりん+レモン+コリアンダー)であえてレモンを少しだけ絞ったもの。
シャープでさっぱりした味で◎
a0095759_12185776.jpg


2:Veg entree
クリーム、クリームチーズとマスカポンをMixしたものにエシャロット、生ピスタチオとバジルを加えブレンダーにかけたものを、グリルした赤と黄のピーマンで挟んだもの。
実はこれ、固まらないからちょっと冷凍庫に、、、と思ってたのにすっかり忘れて放置してしまい質感が残念なことに。。△
a0095759_12332572.jpg


3:Seafood entree
クリームマッシュポテトの上にソテーしたホタテをのせてパセリを散らせてレモン添えたもの。
これは焼き加減が大成功で◎
a0095759_12464073.jpg


4:Meat entree
これだけ名前があって 
豚と牛の肉団子に鳥の骨が刺さってて主要メンバー大集合の一作なので
Passion Meat
肉団子にはパインナッツとバジル、チーズを混ぜ込んで衣つけて揚げたもの。
ソースはグリーンピースとニンジンのピュレです。
これも全部が思い通りにいって◎
a0095759_12471526.jpg


5:Soup
いつも作るパンプキンスープにハチミツとバターとレモンで作ったソースをかけてみました。
基本、パンプキンスープにはずれがでるわけがなく、
もう少し、斬新なアイデアが欲しいな、、というとこで〇
a0095759_1302116.jpg


6:Fish main
カレイのホイル焼き
捌いたカレイをオリーブオイル、レモンジュース、ブラックペッパーでマリネしてからトマトと刻んだパセリとバジリコをかけてオーブンで焼いたもの。
正直、焼きすぎちゃったので△
a0095759_2232584.jpg

a0095759_2233325.jpg


Cleanser
Sunrasiaのマンゴージュース
マンゴージュースといえばこれってくらいにお気に入り◎
*Cleanserっていうのは口の中をクレンジングするっていう意味です。
そのまんまだけど。。
a0095759_2243488.jpg


7:Meat main
はっきりいって力作です。
スコッチフィレステーキにちょっといい赤ワインソースをかけてその上に揚げたリーク(日本で言うホロねぎ)をのせてとビートルーツピュレ、ローストしたちっさなじゃがいもとソテーしたちっさなブラウンマッシュルームを添えました。
味も食感も想像を超えたできばえで◎×2
a0095759_22483661.jpg


8:Cleanser
オレンジとマンゴー、シロップをミキサーにかけシャーベットにしたもの。
よくありそうな味で〇
a0095759_22585360.jpg


9:Petti fours
Petti fourとはフランス語で「ちいさいお菓子」の意味。
はじめ、Petti=小さい、four=四つだと思ってて、4つの小さいお菓子のことだと思ってたらfourはフランス語でお菓子の意味だよと教えてもらってんだけど、あとからfourの意味を調べてみるとオーブンって意味みたい。オーブンから発展してって焼き菓子ってことなのか?
実際のところはどうなんだろう?
今回は生ピスタチオをホワイトチョコでコーティングして抹茶をまぶしたものと抹茶あんの葛餅とイースターチョコ(市販)。
ウエスタンの舌に葛餅はどうかな、、とちょっと心配でしたが和寄りな舌を持つ相方は難なく平らげてくれました。
もすこしバリエーションがほしかったから〇
a0095759_233349.jpg


10:Birthday Cake
ベタにショートケーキにしてみました。
このクリームの装飾はイチゴに見立てました、一応。
で、肝心の味はというと、実際スポンジなんてめったに焼かないから一度目失敗し、二度目なんとか成功したものの少し焼きすぎてパサついちゃったから△
マスカポンを加えて作ったクリームももっと、こうなめらかにいかないものか、、、と。
a0095759_237633.jpg



なんて、徒然なるままに自己評価日記になってしまいましたが、
さらにしつこく自己採点するなら100点満点中78点。
やっぱりペイストリー(デザート)がネックです。
器ももっと種類があればなぁ。
欲は出るばかり、、、

兎にも角にも おいしい誕生日プレゼントになってホッとしました。
a0095759_2327178.jpg



最後にポチッとよろしくどうぞ↓


[PR]
by pentruck | 2008-03-21 23:28 | COOKING
読書の秋
朝は昨日に引き続き きびしい夏の日差しも
仕事が終わる夕方ごろには突然秋が来たようにジャケットがほしいくらいに冷え込みました。
さすが「一日のうちに四季がある」っていわれるだけのことはあるメルボルン。
期待を裏切りません。

それはさておき、最近 通勤(?)TRAMのなかでゆっくり本を読むのが日課になっています。
あまり本を読むタイプじゃないんですが、いい本に出会うとすっぽりはまります。


a0095759_207713.jpg


「モモ」
小さいころに読んだ以来、読んでなくてすっかり内容を忘れてましたが
最近、友達が送ってくれてまた読んでみると
「あれ?こんなんだったっけ??」と思うくらい新鮮に感じました。
時間泥棒と浮浪児モモのファンタジックな戦いが描かれてるんですが、
現代社会のことを言っているのか?と思うくらい。
30-40年前の作品とは思えません。
今も昔も問題とされていることはさほど変わらないのかも。

*うちさやへ
ありがとう★2,3日でぺロッと読んじゃった。


「炊飯の科学」
最近はまっている本でまだ読み途中ですが「米を炊くことだけでここまで語れるのか!」と 感嘆してしまいます。
この本の著者 川島四郎氏は現代の炊飯ジャーを世に出すのに一役かった方らしいのですが、炊飯の歴史、戦争と炊飯の関係、科学的視点から見たおいしい米の炊き方、いろいろな米の炊き方などなどあらゆる側面から『うまい飯』について詳しく書かれています。
著者 川島氏が言うには
『うまい飯とは底に均一に狐色に色づくように炊き上げた飯だ。』
と あるので、もう少しこの本を熟読してから川島氏の言うところの『うまい飯』を炊いてみたいと思います。

「TOTTO-CHAN」
「窓際のトットちゃん」の英語版。
英本のジャケ買いで失敗続きの中、見つけたのがこれ。
黒柳徹子のおてんば幼少時代の物語はなんど読んでも楽しいものです。


気づけば、どれもこれも20-30年前の作品で、
やはり 逸作って言うのは時代関係なく生きつづけるものなのですね。


おまけ
a0095759_2132338.jpg

お店の近くにあるこじんまりとした本屋で見つけたちっちゃなガイドブック(?)
「それって売りもの?」って聞いたら「試作で作ったけど、欲しいならあげるよ。」と親切な店員さん。
それなら、、、といってもちろん『JAPAN』をいただきました。
[PR]
by pentruck | 2008-03-18 21:34 |
まっくろ土鍋
連日 40度越えの毎日で溶けかかっています。。

今日は月曜日でどこのマーケットも開いてないのでつまりませんが
とにかくふらふらとショッピングにでかけました。

はじめにtramに揺られながらSouth MelbourneにあるChef's HAT。
ここはプロ仕様のKitchen goodsが手に入るお店です。
鍋からユニフォームからゴミ箱からなんでもあるので見ごたえ大です。
頭の中には縦長のシンプルなお皿とソースパンか鍋を頭に描いてたのですが、
結局 目が言ったのは真っ赤なルクルーゼ風のミニココット。
お店の人に値段を聞いてみると2個1セットで$35のところ1個しかないから$15でいいよって言われてみたものの、
ミニだし、1個じゃなー、、、と躊躇しやっぱり あと一週間考えてみることに。

そのあと、CITYに戻ってQVをぷらぷらしつつ、
たまに寄るこれまたKitchen goodsのお店になにげなく入って見て回ると
なんと まぁ かわいいまっくろな土鍋を見つけました。
最近読んでいる「炊飯の科学」には『鉄鍋が米を炊くに一番適している』
と書かれていたので、鉄鍋を探していましたが、
これから来る鍋の季節、、見た目のかわいさ、、、
アーンド$15の破格が背中をぐいぐい押す形となって
ついに買ってしまいました。
まっくろ土鍋
a0095759_15431656.jpg

大きさも大、中、小とあって、わたしは一番使えそうな中を選びました。
かわいい土鍋ってあんまり見ないから大満足。
これからの活躍を期待したいと思います。
[PR]
by pentruck | 2008-03-17 15:50 | 買いもの
1000 CAN SHOW
告知がかなーり遅くなりましたが、、、
お友達のTWOONEくんが個展をやっています。

このshowに出してある作品たちの制作が始まったのが
出会った時期くらいからなのでなんだか妙な親近感です。勝手に

a0095759_21103459.jpg


期間は今週の土曜日までってホントすぐだけど、、
見ごたえなんで
お近くの方はぜひぜひ遊びに行ってみてください★

a0095759_2174229.jpg

Opening hour
WED-FRI > 12pm-5:30pm
SAT > 12pm-6:00pm

@ Bus Gallery 117 Lt Lonsdale

p.s.TWOONEくん
勝手に写真のせちゃった。苦情言ってくれればきちんと消します。
ごめんちょ
[PR]
by pentruck | 2008-03-13 21:15 | くらし
どらら どらやき♪
先週、一キロの小豆でひさーしぶりにつぶあん作りました。
そりゃぁ、もう 大漁 大量!!
a0095759_19593445.jpg

以前作ったあんこがやたら甘く感じたので、今回は甘さ控えめの
小豆:500g
砂糖:500g  (あたしが使ったのはRAW SUGAR)
で作ったら満足な出来でした★

でも、砂糖の種類で甘さも変わるからそこら辺はお好みで。



こしあんも作ろうと思ったけど今回は簡単につぶあんのみですませて
つぶあんが一番似合う和菓子って、、?

って思ったときに思い出したのがどら焼き。
そう、ドラえもんの好物だからどら焼き、、なわけはなく、

有力な説は、形が打楽器の銅鑼(どら)に似ているからってことだけど、
他にも説があって、
「武蔵坊弁慶が手傷を負った際、民家にて治療を受けた。そのお礼に小麦粉を水で溶いて薄く伸ばしたものを熱した銅鑼に引き、丸く焼いた生地であんこを包み、振舞ったことが起源。」
っていうのもあるみたい。-Wikipedia参照

それはともかく 利休饅頭よりも手間がかからずに、案外 簡単にできちゃいました。

(分量はだいたい20個分)
たまご:5個
砂糖: 200g
蜂蜜: 20ml
みりん:30ml

をまず全部混ぜてから

Self raising flour:230g

を混ぜます。
このときに、混ぜながら少しずつ粉を加えるとダマができにくい
生地が硬いときは水を加えて生地を調節しましょう。

だいたいこのくらい↓
a0095759_2026365.jpg

それからパンケーキみたいにして焼くんだけど火加減は中くらいで。
強すぎると焦げて弱すぎるとパンにはりついちゃうのでご注意を!

ほんとは巻きすで冷ますのがいいんだけど、ないからこれでこんなふうに。
あんバタどら焼きが最近のブームで今日はプレーンとあんバタを半々作ったよ。
a0095759_20271995.jpg

個別にラップでくるんでできあがり★
a0095759_20282562.jpg

できばえとしては上々だけど、欲を言えば酒石酸水素カリウムがあればなー。
これは膨張剤の一種なんだけど、こっちでは見かけないので
もしある環境でつくろうって人がいたら2-3gくらい足して作るともっとふわふわに仕上がるはず。

面倒な人は普通のパンケーキミックスにハチミツとみりん足したらできそうな 
そんな味です。
おためしあーれ★

a0095759_20323569.jpg

最後にポチッとよろしくどうぞ↓


[PR]
by pentruck | 2008-03-13 20:10 | SWEETS
LABOR DAY
今日はLABOR DAY。
日本で言う「勤労感謝の日」でした。

月曜日は店の定休日だから朝寝坊ができるうれしい日なのに起こされました。

なににって、パレードの予行練習に。

時刻は朝の8時。
拍手のような音やマイクテストの音、さらには大音量に楽器演奏まで!
予定ではあと数時間後に起きるはずだったのに、、
と欲求不満で眠い目をこすりながら外を見てみると着々とパレードの準備が進んでました。

a0095759_22112951.jpg


なぜかわからないけど、この日は街のメインストリートでディズニーランド張り(←言い過ぎ)のパレードが行われるんです。
仕事ないならゆっくりしようよーーーー
といいたくなるも、パレードを見始めるとやっぱりついつい見てしまうもので

a0095759_22115769.jpg


世界各国の民俗音楽やダンスのほかに昔のコスプレや魚の着ぐるみまで
実に多種多様でまとまりがない感じがいかにもネオなオーストラリア的で楽しめました。

一度にたくさんおいしい。
みたいな

来週はイースターホリデー!
待ち遠しい。
[PR]
by pentruck | 2008-03-10 20:24 | くらし


気まぐれオーストラリア生活

ただいま、バイロンエリアにて子育て奮闘中。
カフェ Oska というカフェも同時にお手伝い。
合間をみて maizuru という日本の美しいものや日本人アーティストのものを扱うお店もマーケットで出してます。
あぁ、willy-nilly 笑

リンクフリーです。

お気に召しましたら
ポチッとよろしくどうぞ★
    ↓
ブログランキング






検索
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧